スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

37日目 函館→長万部

どうもー
BUMP OF CHICKENとスピッツが好きなRyuです。
今更音楽の趣味とか、本格的なネタ切れ臭が漂ってきましたね。
そう思った方、気のせいです。
ここで書いたら使えなくなるので書きませんが←言い訳
まだまだネタのストックはあります。たぶん。


フェリーが函館に着いた、ってか下船した
のが7時。
とりあえずコンビニで朝食確保。
最近体重が気になるので気持ち少な目に。
体重は筋肉が増えたせいだろうと信じることにする。

んで、携帯で近くの本屋を検索。
検索し終わって顔を上げるとコンビニの正面にあった。気づけよ。
しかし開店は10時。普通か。

なぜ本屋かというと、私、まだ北海道の地図を持っていないのであります。

あと、ついでに自転車屋もチェック。
替えのチューブをどこかに落としてきたみたい。アホやん。
チェーンオイルも切れたし。買わねば。
余裕があれば後輪のオーバーホールしてもらおう。

函館には本屋も自転車屋も両方あるけど、まだ時間が早くて開いてない。
函館過ぎればしばらく無いし…
いいや 行ってしまえ
本屋はどこでもあるし、チューブとかは最悪、札幌とかで買えばいいし。


函館から国道5号をとりあえず長万部まで進む。
その先は後で考えよう 笑
たぶん室蘭あたりが目標かな?朝早く出れたし。


5kmほど進むと自転車屋を発見。
見るとやはりまだ開いてない様子。
メールが来てたので店の前で見てると、店内から奥様が怪訝そうな顔で出てこられた。
ごめんなさい不審者じゃないです 笑

まだ店は開いてないけど用件聞いてくれた。
チューブもオイルも置いてないらしい。
でもせっかく開けてくれたから、必要だったサブのライトを購入。
話を聞いてみると、昨日今日と祭りがあるらしい。
そういえば神社に夜店出てたなー。
まぁ俺には関係ないけどな 笑


こっからは海沿いを軽いアップダウン。余裕っすよ。
四国に九州と日本海越えてきた俺をなめんじゃねえ!

ごめんなさい坂キツいです。坂ってか山。
予想と違って海沿いまで一山ありました。
大沼!駒ヶ岳!上ってやんよ!


結局5kmほどの登坂。
まぁ、最初よりは体力も付いて、ペース配分とか漕ぎ方も分かってきたせいか
死にそうな思いはせずに上れるようになりました。
なんだよ俺、成長してるじゃん。

そこからはひたすら平坦。
海沿いなんで多少のアップダウンはあるけど誤差の範囲内。


気持ちよく走ってると、ハザード付けて前方に停車した車が。
どうしたのかなー電話かなー と思いつつ通り過ぎようと思ったら、
人が俺に合図みたいなのしてる。止まれ?
何やらわからず、とりあえず止まると、おばちゃんが話しかけてきた。
おっちゃんもいて、どうやら夫婦らしい。

自分も自転車乗りで、日本一周の布を見てわざわざ待っててくれたらしい。
道民、旅人に優しいな!
しかも、何か良いもの食べな と1000円も頂いてしまった!
マジすか!旅人に優しすぎ!優しすぎてちょっと涙出かけましたよ。
しかもしかも、水分とビタミン補給ってビタミンウォーターまで頂いちゃったよ!

さらに話してると、お二人はこれから札幌に小田和正のライブを聴きに行くらしい。
マジすか。俺も行きたい。
小田和正好きな大学生ってやっぱり珍しいらしく、話がやたら弾んだ 笑

北海道初日から素敵な出会い。
ウォークマンの曲を小田和正に変えて再出発。

ちなみに、ウォークマンに入ってるのは主に
BUMP OF CHICKEN、ポルノグラフィティ、スピッツ、小田和正、中島みゆき。
このアーティストはほぼ全曲入ってる。
アルバムとシングル全部レンタルとかしたし。
他はコブクロとか松任谷由実とかドラクエのサントラとかちらほら。
英語の教材CDは消してきました 笑
歌詞と声で選ぶ感じですね。だからどうしてもアーティストで聴くことになります。


あとはただひたすら漕ぐ。
でも、眠い。めっちゃ眠い。
フェリーで4時間しか寝てないとか、疲れが溜まってるとかかな。
今までは多少寝不足でも、走ってたら眠くはならなかったのに
走りながら寝そうなぐらい眠い。寝たら死ぬぞ、マジで。

回らない頭で、仮眠で誤魔化すよりはしっかり休む方がいいかとか考えた。
大型トラックにミンチにされるとか嫌だし。
今日は室蘭目標だけど、どうしよう。
考えがまとまらん!頭回らん!


函館から約50km、落部の辺りでポツポツと雨。
かと思いきやいきなり豪雨。
歩道に止めて雨装備を付けるけど間に合わない!濡れる!
30m後方のガソリンスタンドで雨宿りさせてもらう。
端っこの屋根の下で雨装備を整える。
快く入れてくれたお兄さん、ありがとうございます。やっぱ旅人に優しい。

この雨で長万部に下方修正を決定。
いくらいいレインウェアでも雨の中は走りたくないのが本音。
それに、サイドバッグのレインカバーはおまけみたいなもんなので
隙間から雨が結構入る。ダメじゃん。
ってことで、長万部に19時到着予定。


降ったり止んだり気まぐれな雨の中を30km。長万部に入る。

曇りの長万部、国道5号。こんな道を走ってました。


宿はちょっと贅沢して素泊まり4000円の旅館。長万部温泉ホテル。
これでも長万部温泉街では最安。温泉付きならまぁいいか。

夫婦で経営されてるみたいで、二人ともすごい良い人。
とりあえずまず温泉!内湯の家族風呂だから貸し切り!

あがったらコンビニに夕食を確保しに行く。

いつも通りのコンビニ飯を買って帰ると
、家族連れの子供たちが廊下とかでめっちゃはしゃいでる。
走り回って叫んで暴れて、
終いには俺の部屋のドアまで開ける始末。
俺は特に気にならないけど、親たちは何も言わない。おいおい…


充電セットして、干すもの干して
ブログ書いてたら落ちてた。
寝たのは多分22時ぐらい。


走行距離 100km
宿 長万部温泉ホテル
スポンサーサイト
2011-09-04(Sun)
 

38日目 長万部→室蘭

どうもー
北海道の予想以上の寒さに驚いてるRyuです。
いやー、予想以上でした。ここは日本ですか?


旅館の布団の寝心地が良すぎて、起きたら9時過ぎでした。
あれ?11時間ぐらい寝た計算になるのか?
どんだけ疲れてたんだよ、俺。
そりゃあ顔もむくむはずだよ!

急いで出発の準備。気持ちは急いでるけど寝起きで作業が遅い。
あたふたしてるうちに10時30分。
旅館のチェックアウトは10時。げ。


ご夫妻は遅れまくった俺に嫌な顔一つすることなく、暖かく送り出してくれました。
しかもライト付きのペンとか貰ったし、料金もまけてくれたし。
やっぱり北海道、旅人に暖かい。最高です。


今日は最低苫小牧、行ければ千歳。
漕ぎ始めると、俺は絶望した。
何この向かい風!強すぎ!10m/sはあるよ、余裕で。
それがきれいに真正面から吹きやがる。
これはヤベェな…

出てからすぐ。海沿いのお約束、アップダウン。
静狩から礼文、大岸、豊浦と4連峠です。
これもお約束通り、鉄道は海沿いとトンネルで逃げやがりました。
上りで向かい風とか、なんなの。キツすぎ。漕いでも進まねえよ!
平坦を普通に漕いだら、普段はゆっくり加速して30km/hぐらいで最高速になるけど
これはがんばって漕いでも15km/hぐらい。
倍疲れるのに半分しか進まん!
これがホントのエアロバイク、ってやかましいわ

出発から40km、峠を下ってから(=向かい風)15km、洞爺湖町へ。
ってか、洞爺湖町っていうのか。洞爺町じゃなくて。

洞爺湖って彫ってある木刀欲しかったけど(売ってるのか?)
湖はスルー。向かい風でこっちはそれどころじゃねえよ!


暴風の中、伊達市。
コンビニでパンとコーヒー買って座り込んでしまった。
風で心が折れかけ。苫小牧からフェリーで帰りたいよー…
漕いでも進まないと、徒労感がヤバい。

3時間本気で漕いで30kmですかそうですか。
風向き分かってるなら国道5号行けば良かった…

とか思ってる間に風はさらに強くなる。
街路樹のしなり方が異常。折れるんじゃね?


休んだらやっぱり少しは元気になるもんで、
元気になれば少し漕いでみようって気になるもんです。

姿勢を可能な限り低くして再出発。
ぉ 何か意外と進むぞ。このまま行こう。


伊達から室蘭へ、約20km。気合いで漕ぎきる。
そのまま国道36号を通過!

しようと思ったら、前輪から異音が。
なんかカリカリカチャカチャ、堅い音がする。
サイドバッグの部品が当たってる…?
いや、違う。これはハブから音がしてる…
ハブはヤバくね?下手したら致命傷じゃね?

とりあえず近くの自転車屋を検索。
しかしこのとき既に20時過ぎ。どこも開いてない。
無理矢理走らせてハブが逝ったら…
部品取り寄せに1週間以上かかるかも?修理代がいくらになる?

…最悪の事態を想定して、今日は室蘭で寝ることに。
明日の朝一に自転車屋行こう。

となれば、まずは温泉を探す。
ぉ、近くに安いのあるじゃん。決定ー


温泉でまったりして、次は宿探し。
とりあえず公園か道の駅を検索。
温泉のすぐ近くに運動公園あるじゃない!
なんという最高のロケーション…
経験上、運動公園はいい感じにテント張れる場所が多い。屋根があったりとか。

実際に公園に来てみると、なかなか広い。
雨降るかもだし、屋根のある場所を探す。
いろいろ検討した結果、体育館前の軒下に決定ー
早速テントを設営します。

腹減ったし、コンビニで飯買ってこよう。
検索すると公園のすぐ隣にセブン。なんというロケーション。


飯食って、自転車をちょっといじってみる。
ヘッドライトでよく見ると、ハブの周りが汚れまくってる。
汚れを落とすと音も小さくなった。こいつか!

チェーンのクリーニングと注油、ハブの汚れを落とし、後ろブレーキのシューを交換。
カートリッジシューなので交換がめっちゃ簡単だった。イイね。


自転車点検し終わって、時間は23時30分。
なんか寝れないから酒買ってこよう。
さっきのコンビニで麦とホップ購入。
発泡酒の割には濃くてうまいと思うの。

まだジャンプは置いてなかった。早く読みたい。


酒飲んだら疲れからか速攻回ってすぐ寝れた。


走行距離 80km
宿 中島運動公園
2011-09-07(Wed)
 

39日目 室蘭→札幌

どうもー
日記が全く追いついてないRyuです。
人は私を遅筆のRyuと呼びます。嘘です。

一日が終わってブログ書いてると、睡魔が襲ってくるわけですよ。
風呂入って飯食って寝る準備したら眠くなるのは当たり前ですね。
だからブログが書けないのも仕方ない←


室蘭の運動公園の体育館軒下で目覚めたのが朝6時ごろ。
撤収してると、朝のランニングっぽい格好したおじいちゃんが話しかけてきた。
毎日朝にラジオ体操とウォーキングをしてるらしい。
応援してもらった。あざす!


撤収して、朝飯を確保しにコンビニへ。
行ってからジャンプが出てる事を思い出し、目当ての漫画だけ読む。
立ち読みして、朝飯食って、空気入れて
ダラダラ時間を潰して8時過ぎ。
そろそろ開いてる自転車屋あるんじゃね?行ってみるか。


自転車屋とかがあるらしい大通りもすぐ近く。
最初に入った店は一般車専門で、探してたチューブとかは置いてないとのこと。
近くのスポーツサイクル専門店を紹介してもらった。Go!

2kmぐらい戻って発見。昨日通った道から入ってすぐ。
何故昨日見つけられなかったし。
行ったらもう開いてて、店主のおっちゃんに用件伝えたら、全部あるらしい。
前輪をチラッと見てもらったけど、汚れを取ったからか問題ないらしい。

結局、買ったのは
チューブ(PanaRacer 26×1.50)、ブレーキシュー(シマノ カートリッジ式)、チェーンオイル(ウェット) ヘルメットのバイザー。

店の前でシュー交換して、どうもリムが振れてるようなので微調整。
ニップル回す方向間違えてて酷くなった 笑
途中で気づいて無事修正。危なかった。

おっちゃんに挨拶してから室蘭を出発。
国道38号を行く。

室蘭から進路が少し北向きになるから、横風になると思ってた。
横風は横風でしんどいのね。
向かい風ほどではないにしても抵抗が大きし、ハンドル取られる。

海沿いの暴風雨の中を走るー…

coopで昼飯買って、バス停で食べた。
バス停の前を青い服のツーリング系な自転車が通り過ぎた。仲間!


1時間ほど横風の中をよろよろ走ってたら、前方に青い影を発見。
さっきの自転車か!
追いつくと、クロスバイクのおっちゃん。
いろいろ話しながら一緒に走った。強風の中でお互い風よけになりながら。
おっちゃんは千歳の空港から東京に帰るらしい。

走ってるうちに強風が暴風雨に。雨ヤベェ、痛い。

苫小牧まであと10kmぐらいの場所でおっちゃんとはぐれた…
ちょいちょい距離が離れることはあったんだけど、気づいたら居なくなってた。
俺が気づかないうちに止まったか、コンビニでも入ったか…

苫小牧に着いた頃はもう完全に日が落ちて真っ暗だったけど
台風のこの追い風はずっと続かない。
向かい風で2日間苦しんだぶんは取り返さねば。
苫小牧を通過して、北方向、千歳、札幌方面へ。
ここから超追い風。楽々40km/h出る。気分は最高である。


だがDAGA、
雨がレインウェアから蒸発するせいで体温が奪われる。
さすがの北海道、夜の気温は夏でも20度を切ってる。
加えて内側からの汗と台風の冷たい雨。
休憩にコンビニでも入ろうものなら凍死寸前である。

体は火照るけど手は凍りつくような感覚で、札幌まで40km。
道も広いし暴風の追い風もあって、1時間ちょっとで札幌へ。


スポーツ自転車専門店があったり、すすきのの歓楽街がにぎやかだったり
いろいろ素通りして札幌駅前へ。
明日はとうとう台風が来るらしいので、ネカフェへ避難。


ネカフェでシャワー浴びて、ゆっくり一息。荷物は雨でビショビショ。
ってか、台風情報見たらこりゃ明日ももう1泊かもな…


走行距離 140km
宿 ネットカフェ自遊空間 札幌南二条店
2011-09-08(Thu)
 

40日目 札幌

どうもー
Ryuです。

札幌で台風が直撃。
疲れもあるし、ネットカフェでちょうどいい休憩です。

溜まってたブログを更新するか!とPCに向かうと眠くなるという
受験生の頃を思い出すような病気が再発…

普段文章を書き慣れていないので、1日分書くのに1時間半~2時間かかる。
で、眠くなりながらなので作業効率も最低。
結局、書けたのは2日分ほどのみ…


ネカフェの窓から外を覗くと、まさに台風の暴風雨。
外行くサラリーマンの傘が5つ同時にひっくり返ったのはちょっとすごかった。


今回は台風なのである程度仕方ないけど、
同じ場所に2日以上滞在すると気持ちがちょっと焦るね。
特に後半はタイムリミットがリアルに見えてくるし…

北海道回ることにしたけど、間に合うかな…?


滞在中、北海道のルートについて情報収集。
北海道1周とかはやってる人も多くて、ネット上にいろんな情報があった。

羽幌→稚内→紋別
ってちゃんと一周するルートもいいけど、時間的に結構厳しそう。
留萌から稚内の道は特に原野がいいらしい…けど…


迷った末に以下のルートに決定。
札幌→旭川→名寄→興部→網走→摩周湖→釧路→えりも→苫小牧
このルートであと1週間でなんとか行けそうかな?
稚内と知床と根室と帯広に行けないのが残念だけど、
期限内に一周する限りある程度は諦めないと仕方ない。割り切ることにする。


うさぎドロップとGIANT KILLINGなどを読破。
寝たのは1時頃。昼寝しすぎた。


走行距離 0m
宿 ネットカフェ自遊空間 札幌南二条店
2011-09-08(Thu)
 

41日目 札幌→旭川

どうもー
Ryuです。

朝8時に札幌を出発。
コンビニでダラダラする。

ふと見ると、スマホを取り付けるパーツが壊れてるじゃないですか
マジか… 接着剤でどうにかなるレベルじゃないな…
一昨日、すすきのの辺りに自転車屋があったのを思い出した。
スポーツサイクルの店だったと思う。
何キロか戻ることになるけど行くしかないね
ここで行っとかないと、次はいつになるやら…

自転車屋の前でチェーンのクリーニングやらワイヤーの微調整やらして開店待ち。

開店時間のちょっと前に店員さんから声かけてくれた。
無事パーツ購入&取り付け。

で、結局札幌を出たのは10時過ぎ。


国道275号から12号へ。
砂川の辺りの国道12号は20km以上の直線道路があった。ひたすら真っ直ぐ。スゲェ。
看板によると、日本一長い直線道路らしい。29.2kmあるんだってよ。北海道雄大すぎ。


山越えを3つほどして、旭川へ。
市内の手前、春志内峠を下りきる手前で旭川ラーメンを満喫。うまかった。


コインランドリーで洗濯しながら、道の駅あさひかわの場所を検索してたら、
洗濯ものを取りに来た常連のおっちゃんが話しかけてくれた。
転勤族らしく、北海道や日本全国のいろんな話をした。
で、そのコインランドリーは夜12次以降は閉店して自動ドアが外から開かなくなるけど、
12時以降出れなくていいなら泊まっても問題ない とのこと。管理人さんもめったに来ないらしい。
コインランドリーなのにマッサージチェアやテレビにソファまであって、設備は超充実してる。
というわけで、このコインランドリーに泊まることにしました。ぃぇぁ

コンビニでトイレを済まして、酒とつまみを買って帰る。
12時までは人が来るかもなので体拭いたりできないから、
自転車のタイヤを前後入れ替えて減り具合を調整したりしてた。

寝たのは12時半ぐらいでした。


走行距離 140km
宿 旭川市のコインランドリー
2011-09-08(Thu)
 

42日目 旭川→興部

Ryuです。

旭川の朝は寒いですねー
コインランドリーの屋内でも朝はめっちゃ寒かった…
朝は6時に開店で、同時におっちゃんが入ってきた。
北海道民は旅人にやさしいね。またちょっと話した。

出発準備してると、外でおばちゃんがまた話しかけてくれた。
国道へ出る道とか教えてくれて、缶コーヒーおごってもらっちゃった。


国道40号で北上、名寄を目指す。
北海道の地名はやっぱり読めない。なよろ とか無理。なより とかならまだしも。


ツーリングマップルと実際の距離感が何かおかしいなー。
北海道の道は信号少なくて走りやすいからか…?
いや、逆に距離が長く感じるんですけど。
ツーリングマップル東北と見比べたら分かった。
縮尺が、東北(というか北海道以外)は14万分の1だけど、北海道だけは20万分の1じゃん。
そりゃあ感覚と合わないわけだ。
ってか、何で縮尺変えたんだろう。地図の厚さが1.5倍ぐらいになっても問題なさそうだけど。


標高260mの塩狩峠山頂で休憩中、地元の友人から電話。
mixiのつぶやきが札幌で止まってて、台風が来てたから心配してくれたらしい。
持つべきものは良い友人ですな。
で、来年の夏に友人4人で北海道周ることに。
実現させるためには就活を早めに終わらせねば…


名寄のイオンにマックがあったので、そこで昼食。そのままマックで1時間ぐらい仮眠。
レーパンでイオンに入るのはちょっと勇気が要ったな 笑

近くの100均でアルミの防寒シートを探すけど、やっぱり無い。


名寄から東へ、国道239号で興部を目指す。おこっぺ とかやっぱり読めn(ry
覚悟はしてたけど天北峠がしんどい。標高300m。
坂は緩めだったから300mの割にはまだマシか。でもその分散長までの距離が30kmぐらいあったけど。

国道239号を70kmぐらい走って、海の近く、道の駅おこっぺへ到着。
夕方7時前で、辺りは暗くなりかけ。
この道の駅は無料の宿泊施設があって、建物は列車の車両を改造したもの。

外にバイクが5,6台停まってる。中を覗くとすでに4人居て、10人分ぐらいの荷物が。
あと1人か2人分ぐらいのスペースしか無いな… あいさつして荷物置かせてもらった。

先客は色んな人がいて、バイクで東京から来てる老紳士2人とか
ミニバイクで大阪から来た大学生とか、北海道1周してる人が多かった。
自転車は俺一人。皆はスゲェって言ってくれた。


風呂と食事処の場所を聞いて、とりあえず風呂へ。近くに銭湯があった。
食事は選択肢がなくて、夕食は近くのラーメン屋でちょっと贅沢なラーメン食べた。まぁまぁうまかった←


皆がバイク談義で盛り上がってる横でちょいちょい話に入りながら
気づいたら寝てた。多分11時ぐらいだと思う。


走行距離 140km
宿 道の駅おこっぺ
2011-09-08(Thu)
 

43日目 興部→小清水

どうもー
Ryuです。

朝起きたのが7時過ぎ。
既に数人旅立ってた。俺自転車なのに遅い…

みんなに挨拶して、道の駅おこっぺを出発したのが8時ぐらい。

ローソンで朝食。北海道ではセイコーマートばっかりだったから新鮮 笑
納品前だったみたいで、棚にほとんど何もなかったけど
パートのおばちゃんが もうすぐ納品です って教えてくれた。
15分ほど立ち読みして時間を潰すと入ってた。


飯食ってから走ってると、後ろからバイクが数台。
さっき別れた人たちが手を振ってくれた。なんか嬉しいね。
5分後ぐらいにまたバイクが。東京から来てた老紳士お二人。
親指を立てる姿がカッコ良すぎ… 惚れてまうやろー 笑


オホーツク海を左手に見ながら走る。
右には牧草地帯。牛が道路のすぐそばまで来ててなんか感動した。


紋別を通過。サロマ湖を右に見ながら軽く登山。
道の駅サロマ湖で昼食。

途中、廃線になった線路を利用した自転車道があった。
元が線路だから勾配も緩くてすごく走り易かった。
SLが飾ってあったし。


網走市街を通過。
暗くなってきたので道の駅流氷街道で泊まろうかと思ったけど、屋根がない。
今晩は雨が降るらしいので、屋根がないと明日の撤収が面倒だな…
明日は山越えあるし、距離を稼ぐ意味でも もう10km先の道の駅はなやか小清水まで行くことに。
途中のセイコーマートで夕食と酒を確保。

だが
途中で 原生花園駅のすぐ近くにフラワーセンターなる施設を発見。
屋根もあるし、朝は9時かららしいので、ここにテント張らせてもらおう。

写真暗くてすみません。

寝たのは11時ぐらい。


走行距離 155km
宿 原生花園 フラワーセンター
2011-09-15(Thu)
 

44日目 小清水→釧路

どうもー
Ryuです。

朝は6時に大型トラックの音で起こされました。
耳栓付して寝てるけど、何故か起きる頃には取れてどっか行ってるんですよね。

撤収してたら、センターの管理の人が開業準備に来られた。
まだあと2時間あるのに、行動開始がめっちゃ早いんですね。


出発してから、摩周湖方面へ国道391号を南下。
長い坂をダラダラ登ります。


登りに慣れたとは言え、やっぱり300m以上登るのは結構しんどい…

野上峠を登り終えたときにはかなり限界が近い…
昼飯がてらどこかで休憩を…

カフェを発見。
高そうだったけど、他に食べれそうな所がなかったので入る。
雰囲気の落ち着いたカフェ。高そう 笑
ってか、レーパンでカフェって場違い 笑

カレーとカルボナーラを注文。
…めっちゃうまい。

店主のおばさまが話しかけてくれた。
こんないいカフェにチャリダーが来るのは珍しいらしく、おばさまの昔の旅の話とか聞いた。

コーヒーサービスしてもらって、アクエリ貰っちゃった。
元気でた。ありがとうございます!


摩周湖と屈斜路湖の間を抜けて、今度は下り。

釧路湿原を右手に見ながら下る。めっちゃいい気分。最高です。

釧路の手前の南蛮酊でタレザンギを堪能。一人分の量がめちゃくちゃ多い。
俺でもタレザンギ+ご飯でお腹いっぱい。うまかった。めちゃうまかった。


釧路で暗くなったので、宿を考えてたけど…ない。
2山ぐらい越えてきたし、体力は限界。20km先の道の駅までは辿りつけなさそう。

ライダーハウスがあるじゃない。北海道で1度は泊まりたかった。ライダーハウス。
探してみると、銀鱗荘というRHがあるじゃない。ここにしよう。
値段が1000円ですと!? 安!


電話すると、素泊まりの相部屋ならあるらしい。充分です。

その前にDEPOがあったので、寄っていく。
店員さんにいろいろ相談した挙句、ブレーキパッドとロング目のステムを購入。


銀鱗荘、すごいね。見た目。うん。
でも、中は快適空間でした。建物が古くても人が温かい。

風呂入って洗濯して、飯買ってきて、相部屋の人たちと酒盛り 笑
しかも、途中でカニとマグロの差し入れが。めっちゃうまうま。うますぎ。


いろいろ話して、寝たのは12時ぐらいだったかも。


走行距離 140km
宿 ライダーハウス 銀鱗荘 6人部屋
2011-09-15(Thu)
 

45日目 釧路→大樹

どうもー
Ryuです。

釧路のラーダーハウス銀鱗荘、6人部屋。
朝は5時過ぎに目が覚めました。でも他は皆まだ寝てる。
起こさないように出発準備。

荷物を整理していて気づく、昨日の洗濯物が乾燥機の中で放置されているという現実。
超ひんやりしっとり。完全に忘れてた 笑
乾燥機にかけて、その間に荷物の整理も終わっちゃったから、昨日DEPOで買ったステムを取り付けることに。
デフォルトで付いてたステムより2cmほど長い。簡単に言うとハンドルが2cm遠くなるわけです。

外は朝6時前の釧路なわけです。めちゃくちゃ寒い。
そんな極寒な外で作業してたら、蚊がめっちゃ寄ってくる。
北海道では蚊も進化してて、極寒をものともしないようです。蚊パネェ。

初めてのステム交換作業に戸惑いながらも、7時前には完了。
洗濯物を回収して、サイドバッグを自転車に取り付けます。
取り付けてる途中、銀鱗荘の個室のお客さんが3組ぐらい出発していった。
その中に、立命館大学の職員の方が。話しかけられて名刺渡して、お互いビックリ 笑
世間、狭っ!笑
今日のセミナーで、自転車で日本一周してる立命のバカ学生も居る とか話されるそうです。
いやん恥ずかしい 笑  新入生諸君、そんなアホな挑戦してないで勉学に励むべし 笑
でも、どうしてもやってみたい方は相談に乗り乗りますんでメールください 笑


出発したのは結局7時半ぐらい。同室の方々はまだ寝てた 笑
国道32号をえりも方面へ。途中のローソンで朝飯。

コンビニとかで「どこまで?」って尋ねられて「〇〇までです~」って答えると
「あと××kmもあるよー 今日は無理だろー」みたいな反応が返ってくることも多い。
最初のうちはムッとしたり不安になったりしてたけど、最近は慣れてきたなー。
スポーツ自転車乗らない人の距離感覚と大きな差があるってのを理解したからかな?
ってか、俺の距離感がいい具合に壊れてきただけかもしれない 笑
1日100kmはサボリ、120kmでギリ及第点、130kmでまぁ合格、150kmでよく頑張りました。
道にもよるけど、そんな距離感な今日この頃。


ヤベェ、めっちゃ眠い。眠すぎて死ぬ。居眠り運転でリアルに死ぬ。

限界をすぐそこに感じながら走ってると、潰れたパチンコ店を発見。
そこの入り口の階段のとこが座って寝るのに丁度良さげ。
1時間ほどアラームかけて仮眠を取ることに。


結局起きたのは1時間半後で、頭はすっきり。

そのまま国道を行って、道の駅しらぬか恋問で休憩。
北海道のバニラアイスはうまいね。クリーミーで美味い。すごくうまい。

ついでにそこでちょっと早めの昼食に。
豚丼とラーメンのセット。豚丼うめええええええぇぇぇぇぇ


そのまま国道38号を行く。
50kmぐらいのあたりから山道へ。人気ねぇー…
ってか、もう暗いんですけど。
北海道の夜の山道は、熊が出るわけですよ。熊。
で、本州と違って、出会ったらそいつはツキノワグマじゃなくて、ヒグマなわけですよ。
つまり、会 即 死。
マジで怖い。くまこわい


熊に怯えつつ山を登って下って、一段落。一段落ついたけど寝れる場所は無い。
仕方なくもう一山。くまこわい。
出会った場合の脳内シミュレーションしながら山を登る。

…シミュしたけど、逃げきるのは無理そう。Uターンして坂を全力で下るぐらいか。
出会ったら全力で逃げつつ半分諦めることにする。


泊まれる場所を検索するも、国道336号沿いには皆無。
仕方ないから10kmほど外れるけど、道の駅コスモール大樹へ。

手前のコンビニで、サッポロクラシックと夕食買って道の駅へ。


道の駅は屋内に休憩所があって快適だった。畳があるとか最高です。


走行距離 140km
宿 道の駅 コスモール大樹
2011-09-15(Thu)
 

46日目 大樹→浦河

どうもー
Ryuです。
書いた記事をアップロードしようとしたらサーバーダウン中だったらしく
復帰を待って最投稿したら 書いた記事が全部消えてるというね。

6時30分ごろ起床。外雨やんけ…
雨具の準備をして、道の駅コスモール大樹を出発。国道236号から336号へ合流。
そこから先、通称 黄金道路。30kmの道を整備するのに黄金を敷き詰めるほどの大金がかかったことから。

通ってみると確かにトンネルだらけ。こりゃ大金かかるわ。
一番びっくりしたのは黄金トンネル。5km以上ある超長いトンネル。
工事中で、片側交互通行だったので、工事してない箇所は自転車で堂々と車道を走れた。
ってか、5kmのトンネルで片側交互通行って、入り口の待ち時間がめっちゃ長くね?

襟裳岬を通らずにそのまま国道336号で峠越え。
標高160mでも急だったのでわりとしんどかった。


途中のコンビニで、クロスバイクでツーリングしてた大学生と仲良くなった。
そのまま一緒に走る。


夕方。彼は日が暮れる前に近くのライダーハウスに泊まるらしい。
俺は今晩中に苫小牧まで行けるかどうか、微妙なラインだったのでここでお別れ。

とは言え、苫小牧まであと100km以上あるし、途中でちょっと休憩せねば。

1kmほど進むと、無料の休憩所があるじゃないですか。プレハブ小屋。

旅人の方、ご自由にお使いください だそうで。
ここで2時間ぐらい仮眠をとって、深夜のうちに苫小牧へ行こう。
中は広くて、電源も確保できる。
充電して、レインウェアとか干してると、入り口に誰か来てる。
って、さっきの彼じゃないですか 笑
無料のライダーハウスってここのことか 笑

結局、50ぐらいのダンディなおじさまも来て3人で喋りながら過ごす。

コンビニも近くにあるしトイレも電源もある。何より2人と喋ってるのが楽しい。
もう今日はここに泊まって、明日の夜苫小牧着でいいか。


走行距離 110km
宿 ライダーハウス 浦河情報センター
2011-09-15(Thu)
 
プロフィール

Ryu

Author:Ryu
2011年夏 自転車日本一周達成!
60日 約7000km
現在は日本一周チャレンジャーへのアドバイスを更新中

Twitter:Ryu F
Ryu_BUMPをフォロー
monacoin:MJAnqtWSkqswWDnvWPF6xxuzVvqLoh6JAa
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

ブログランキング
おすすめ商品
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。