スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

自転車一周への戦術3 水分補給

DO11をクリアしました。虚無感に襲われています。Ryuです。

大学生が夏休みに自転車で日本一周するのを応援する当ブログとしては、
健康状態には十二分に気を配って欲しいわけです。
というわけで、その中でも夏の旅に最も重要な水分補給について書きます。

まず、炎天下の自転車は、体感以上に汗をかいています。
すぐ乾くのでわかりにくいですが、ドバドバかいています。
信号で停まるたびに水分補給しないと死にます。死ななくても体調は崩すしスピードは落ちます。
以下の対策を「必ず」してください。比喩でなくマジで死にます。

1. ボトルケージを2つ付ける

できれば一つはこれがオススメです。

コスパの良い900mlのペットボトルが付けられるので、ドリンク代が少しでも抑えられます。
900mlのポカリスエットをだいたいどこのコンビニでも置くようになったので助かります。
自分のころは一部のコンビニにしかありませんでした。
なんならボトルケージ両方コレでもいいです。


2. 水とスポーツドリンクを1本ずつ持っておく

経口補水液という、人間の体の水分に近いものもありますが高いです。
ポカリを水で半分に薄めるとちょうどそれに近いものができます。
ただし、大量に飲むのに毎回混ぜてられませんし、何より味が薄くてまずいです。
なので、水とポカリを2本持ち、交互に飲むのです。体内で混ぜるというわけ。

3. 登山の前に自販機でドリンクを準備する

山道に入ると自販機がなかなかありません。でも汗はかきます。
重くなるかもしれませんが、山登りの気配がしたら、水分の残りを確認しましょう。
この時、上記のボトルケージであれば、細い500mlペットボトルでも、太い900mlペットでも
ワンタッチで太さを替えて対応できるので、ペットボトルのサイズなんていう細かいことに気を使う労力が減ります。
何も考えずとりあえず自販機かコンビニで水とスポーツドリンクを補充する。簡単でしょ。

4. 喉が渇く前に飲む

喉が渇いた時点で、すでに脱水状態です。
喉が渇く前に、停止のたびに一口必ず飲むようにしましょう。
一気飲みは腸にもよくない(吸収しきれない)ので、必ずこまめに飲みましょう。

裏技. 夜間に走る

あまりオススメしませんが、夜間は直射日光が当たらないので涼しく走れます。
ただし、前はライトを2灯、後ろは発光するテールランプを必ず点けましょう。
道が見えないのと、自動車に気づかれない(そんな時間に自転車が走ってると思ってない)ので必須です。
夜だからといって汗をかかないわけではないので、水分補給は喉が渇く前にかならずしましょう。

おまけ. 氷枕にする

真夏のテント泊は暑くて寝付けないことが多いと思います。
そんなときは、コンビニの冷凍庫にある冷凍スポドリを買います。
これをタオルでくるんで首の下に敷いて眠れば快眠できます。
で、朝起きたらそれを飲んで、寝てる間の水分を補給するという完璧な流れ。
スポンサーサイト
2017-08-12(Sat)
 
プロフィール

Ryu

Author:Ryu
2011年夏 自転車日本一周達成!
60日 約7000km
現在は日本一周チャレンジャーへのアドバイスを更新中

Twitter:Ryu F
Ryu_BUMPをフォロー
monacoin:MJAnqtWSkqswWDnvWPF6xxuzVvqLoh6JAa
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

ブログランキング
おすすめ商品
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。