日本一周オススメ装備 工具・予備パーツ編

世間はGWの中仕事してました。Ryuです。

今回はトラブル対処のための装備を紹介していきたいと思います。
工具やら何やらかんやら、いざという時に備えるとキリがないので参考になれば。

ランクA:必須 (無いとリタイアするレベル)


タイヤレバー

パンクしたときにタイヤを外すのに必須です。
これがないとパンク修理もチューブ交換もできません。
これも意外と盲点なので注意。
プラスチックの安いので十分ですが、3本あるとタイヤ外しやすいです。


交換用チューブ

大抵の人はチューブ付きのタイヤになると思います。
パンク修理セットでは、裂けるような大きなパンクは対処できませんので必須です。
対して重くもかさばりもしないので、常に一つは持っておきましょう。
できれば耐パンク性能が高いものが、長い目で見ればお得だったりもします。
これもサイズとバルブには要注意。サイズは直径と太さの両方見ましょうね。



ランクB:推奨 (無くても死なないけど持っていった方がいい)


携帯用空気入れ

パンクしたときに必須です。修理やチューブ交換しても空気を入れられなければ意味がありません。
意外と盲点なので注意。
入れられる空気圧(700Cのタイヤは高めなので注意)、バルブのタイプ(仏/米/英)には要注意。

ボンベでいいじゃんというロード乗りの意見もありますが、重量1gを争う競技ならともかく、
長旅では数日に一度空気を入れてやる必要があります。パンクもしてないのにそのたびにボンベなんて開けてられません。
数日に一度自転車店に寄って空気圧を見てもらうならボンベでもいいのでBランク。
空気入れかボンベのどちらかは必須です。

万能工具

必須機能は、六角レンチ4mm,5mm。
できれば欲しいのは、プラスドライバー、六角レンチ3mm,6mm
あれば安心なのはチェーンカッター、ニップル回し等
まずは携帯用じゃない普通のアーレンキー(=六角レンチ)を揃えて、自分で整備してみてから必要なサイズを把握しましょう。

最悪、各種携帯じゃない工具を持っていってもいいです。重いしかさばりますけど。
あと、工具全般に言えることですが、安すぎるものはおすすめしません。
ネジとか舐めてしまうと取り外せなくなることもあります。

チェーンオイル・ブレーキクリーナー

雨降ったらチェーンメンテナスしてあげましょう。

毎回じゃなくても死にはしないけど、あんまりサボると錆びるしうるさいし何より遅くなります。

いろいろと種類がありますが、1種類だけ持っていくなら雨に対応したものがオススメです。

雨用のオイルで晴れは走れますが、晴れ用のオイルで雨は走れません。

洗浄と潤滑を同時にできるやつを最近発見しました。これよさげです。自分も買います。


ちなみに自分は、洗浄はホームセンターで安いブレーキクリーナーのでっかいの買って使いまくってました。

パーツクリーナーとブレーキクリーナーは違うので注意。

パーツクリーナーはプラスチックを痛めるので自転車には駄目です。ちょっと高くてもブレーキクリーナーにしましょう。


ブレーキクリーナーは雨上がりにブレーキ掃除したりするので1本持っておいてもいいと思います。

たまにリムを掃除してやらないとすごい勢いでブレーキシューが減ります。


ブレーキシュー

長距離、雨、重量とブレーキシューが減る条件が満載です。

命を預けるパーツなので替えは1セットは持っておきましょう。

カートリッジ式は交換が楽なので、最初にカートリッジ式に交換してしまうのも手です。

自分のブレーキの種類をよく確認しましょう。(ロード用カンチ、Vブレーキ、ディスクブレーキ)

Vブレーキ用 カートリッジ


カンチブレーキ用シュー


メーカーによって効きに差が出ます。重量がある状態で坂を下ったりするので、信頼できるメーカーを選んだほうが良さそうです。

効きに不安を感じたらブレーキ自体を交換する前に、まずシューを変えてみると安く済むかもしれません。


インナーブレーキワイヤー

そんなに切れることは無いと思いますが、もし切れたら危険なので入れておいたほうがいいです。

ロード用とクロス/マウンテン用で先端が違うので注意。





ランクC: あれば安心


シフトワイヤー(インナー)

そんなに切れることはありませんが、あれば安心です。

かさばらないし一応荷物に入れておくことをおすすめします。

切れた場合は一番重いギアで走り続けることになりますが死にはしません。



ペンチ・ニッパー

なんやかんや摘んだりワイヤー切ったり地味にいろいろ使うのであれば便利です。

ハサミの代わりにもなったりならなかったり。



グリス

いろいろとメンテナンスするときにあると、より細やかなメンテナンスができます。

特に長期の旅を想定しているなら持っておいたほうがいいでしょう。

大した量使わないので少量で大丈夫です。



リムテープ

剥がれるとチューブを傷つけてパンクするのであれば安心です。

剥がれたりすることはめったにありませんが。

リムの直径と太さによってサイズが違うので注意。



スポーク

細めのタイヤで行くなら後輪のサイズのスポークを1本持っておいたほうが良いです。

折れてもお店にすぐ交換品がなかったりします。長さと太さを要確認。

よくわからない場合は出発前にお店で、確認・取り寄せしてもらいましょう。

1本折れてもすぐ走れなくなるわけではありませんが、他のスポークへの負荷は増えるので連鎖的に折れていく可能性もあります。

1本折れてしまった場合はできるだけ早くスポーツバイクを扱っているお店を探して修理を頼みましょう。


空気圧計

空気を入れるときにあると便利です。

常にベストの空気圧で走れます。バルブの形に注意。



いやー、今回は結構書きましたわー

2017-05-06(Sat)
 

日本一周オススメ装備 アタッチメント編

どうも。Ryuです。
今回はなくても死なないけどあると便利な装備を紹介します
自転車に取り付ける系でいきますね。

ボトルケージ
夏に自転車乗るなら必須。浸透圧の関係上、水とポカリを交互に飲みましょう。
900mlのポカリが160円ぐらいでコスパいいんだけど、
そのサイズをそのまま載せられるボトルケージがオススメです。
ワンタッチで500mlサイズと900mlサイズを切り替えられるので便利だった。


両足スタンド
片足のスタンドだと、サイドバッグフル装備時に重量を支えきれない可能性があります。
特に軽量で華奢なやつだと・・・
というわけでこれぐらいガッシリしたやつをオススメします。
重量500gなんてもうここまでくれば誤差の範囲です。
取り付けはしっかりガッシリつけてくださいね。割りと簡単に緩みます。


スマホホルダー
ナビしながら乗るなら必需品です。
取り付け場所はハンドル、ステム、トップチューブと三ヶ所考えられますが
少しでも視線を下げなくてすむハンドルをオススメします。

スマホのサイズとハンドル周りのスペースとよく確認してから買ってくださいね。
あと、安物だと振動でスマホが落ちることがあるので、それなりに信頼できるメーカーのものを選びましょう。
ライト付けると場所が足りない場合はこんなのもあります。

ハンドルに付けて、ホルダーとかライトの取り付けを拡張するものです。
ヘッドライト2灯とスマホとサイコンとベル、全部付けるとどうしてもスペースが足りなくなると思うので拡張してやります。
上に拡張すれば視線もさらに上を向くので安全性も高まります。
2017-04-30(Sun)
 

日本一周オススメしない装備

オススメ装備はこの辺を参照

考慮の結果、持っていかないほうがいい装備を紹介します。
先人の失敗から学べるのが、人間の素晴らしいところです。

調理道具一式
日本一周に1年かけられる暇人貴族でなければオススメしません。
重いしかさばるし料理する時間なんて無いし・・・
ロマンはわかります。実際、事前テストの紀伊半島一周には持っていきました。ええ持っていきましたとも。

ええ、こんな感じですよ。
わかります。朝焼けを眺めながらテントを背に飲むコーヒーのうまさは知ってます。

でも、弾丸旅では絶対料理なんかしてる余裕ありませんから。
いたるところにコンビニやらスーパーやらあるし。
それに料理するとなったら、コレ以外に米やら調味料やら食材やら持ち歩かないといけないわけで・・・
山登りで全部捨てていきたくなるのがオチです。やめとき。


ビンディングペダル
意外と自転車に乗ってない時間も多いです。
ペダルとシューズを新しく買ってまで付ける必要はありません。
付けるならトゥクリップがいいです。

あとは靴の中敷きを硬めのものに変えると、ちょっと楽になります。


ツーリングマップル

最近はスマホで十分ですよね・・・ の一言に尽きます。ナビしてくれるし。
バイク用に書かれているので、自転車が入れない自動車専用道路とか、結構な坂道とか平気で案内されます。

あと、日本一周すると、同時に複数冊持ち歩く必要が出てきます。
例えば関西から反時計回りで進むなら、関西→中四国→九州→中四国→関西→・・・
と進むので、九州を回る間は関西、中四国、九州の3冊を持ち歩くことになります。重いし邪魔です。
2017-04-28(Fri)
 

日本一周オススメ装備2

1はこちらを参照
1のほうが金かける優先度が高いのでまずは1を読んでください。

レインウェア
雨の日も風の日も走る気なら必須。
クソ暑い真夏に100均の雨合羽では、暑すぎて脱水になりかねません。サウナスーツのボクサーかと。
オススメは通気性の良いゴアテックス製。1万円程度で雨の日の快適度が格段に変わる。

フードの上からヘルメットをかぶると頭も濡れなくていいけど、音が聞こえにくくなるので注意。
ちなみに、暗いときは赤より青系統のほうが視認性がいいですよ。大学で習った。


ライト
旅は予定通りにいかぬもの。夜の山道を走ることも想定するべき。
実際、何度も深夜の山道を走りました・・・ しかも雨だったりする・・・
できればブルベ級の明るい遠くを照らすライトが1灯と、足元照らす用の小さめのライトが1灯ほしい。

最近はUSB充電のやつとかもあるんですねぇ・・・ 自分の頃と電池の種類が違いますからね。(リチウムイオン→ニッケル水素)
電池はサイズを統一したほうが良いと思うので、使うなら単3になりますかね。


タイヤ
抵抗は増えますが、太めをオススメします。細いタイヤでは荷物の重量をカバーしきれず、スポークがポキポキ折れます。
ちょいちょい一緒に旅したロード乗りのスポークが折れまくるのを見てました。
個人的なオススメは耐パンク性能が圧倒的なツーキニスト。

パンクで失う時間は結構なものですし、しかも路上でパンク修理やチューブ交換をすることに
夜の山道でパンクなどしようもんなら手元が見えない。チューブ噛んでても見てわからない。
新しく自転車買ったならとりあえず付いてるタイヤで走ってみて、太さや耐パンク性能を考えることをおすすめします。

あと、雨の中走ることを考えると、溝のないタイヤは論外です。滑って死にます。
その場合は最初から交換しちゃいましょう。いのちだいじに。
2017-04-28(Fri)
 

日本一周オススメ装備

筆が乗ってきたので2記事目を書いちゃうRyuです。
実際に使ってみて良かったものを紹介していきたいと思います。
金をかけるべき順で紹介します。


まずテントはプロモンテの軽量タイプで二人用 これが最適解ですね

今は販売終了しちゃってるので、同程度の値段と重量のダンロップとかもアリかも

テントは荷物の重量に大きく影響するので、ただのアウトドア用の重いテントはおすすめしません。
あとは予算と相談で。でも積めるサイズには限界があるので注意。


寝袋
夏なら寝袋はいらないかもしれません。それより柔らかくて軽いマットがほしいです。
空気で膨らむタイプは軽量と柔らかさとサイズを兼ね備えていると思います。
北海道でおじさまが使ってるの見てすごく羨ましかった。。。
金のない大学生は銀マットを根性で使いましょう。銀マットは留めるゴム無いとまとまらないので注意。
長距離ツーリングでは体力の回復が命綱。疲れが取れないと毎日100kmは走れません。



自転車
予算が潤沢な人は好きなスポルティーフでも買って荷物積めさえすればなんでも良いです。
STIレバーがやっぱり長距離は楽でオススメ。信号ある街中も走るなら、シフトダウンしながらブレーキかけられる利便性はでかい。
サイドバッグとキャリアも好きなのつければいいと思います。


お金のない大学生はGIANTのGreatJourney買いましょうねー

ルイガノ LGS-GMT もあり


サイドバッグも4つ付いててこの値段なのでコスパ最強。 
サイドバッグ参考価格

これで1個なんで、前後左右4つ必要になります。。。
サイドバッグの防水は必須。
2017-04-28(Fri)
 

日本一周の装備4 あまり使わないもの編

3年ぶりぐらいの更新です。Ryuです。
IDとパスワードわからんくなって・・・

今日はサイドバッグ右後ろ、1日1回使うもの編でいきます。
早速内容はこんな感じ

Image_1f4aca6.jpg

左から
寝袋 妹から借りました
テント 2人用で中に荷物入れてもちょっと余裕あるサイズ 1.5kgぐらい
テントシート 中に敷くやつ 背中の痛みは無いよりマシ
ペグ 結局ほぼ使わなかった アスファルトやコンクリばかりで、地面にテント張ることがあまりなかった
サイドバッグ肩掛けにするやーつ
左下のは空気でふくらませる枕 結局ほとんど使ってない 夏は暑いわコレ

右上のあたりは自転車パーツ類
ブレーキ、シフトワイヤー 結局一度も交換せず
ブレーキシュー 雨の中で山道を下ったりすると、重量もあってかすごく減るので3回ぐらい交換した
チューブ タイヤが優秀すぎて一度も交換せず ツーキニストすげえ

その下辺りが薬品類
歯磨きセット
日焼け止め コレないと焼け死ぬ 雨の日以外は毎日塗ってた それでも焼ける
眉毛剃るやつ 途中で諦めた 途中で送り返した気がする
耳栓 道の駅にテント泊するときやネカフェに泊まるときは必須 要は毎晩必須
カットバン 地方によって呼び名が違う不思議なバンドエイド 幸いお世話になることはなかった
虫刺されの薬 必須 無いと死ぬ
おすだけベープ でも刺す蚊はメスというお話 テント閉めてから一吹きすれば快眠できる ネカフェでは効果なし
飲み薬やら 葛根湯と頭痛薬は今でも常に持ち歩いている 頭痛薬は鎮痛剤として膝の痛みにも効いた 葛根湯は筋肉痛にもきくらしい
シャンプー 小分けの試供品を大量にもらった 重いので送り返して旅行用の小さいのを買い直した
ひげそり 半分ぐらいから剃ってなかった 完全に不審者
リセッシュ 靴やらレインウェアやらヘルメットやら何から何まで吹きかけまくった 週1本ペースで消費する


実はこの写真を撮った時点ではテントのポールが無いのでした・・・
後に友人に滋賀から山口まで送ってもらうことになる・・・
2017-04-28(Fri)
 

日本一周の装備3 補給編

どうもー
忘れた頃に更新します Ryuです

今回は右前のサイドバッグの中身を紹介します

装備 フロント右バッグ

補給食
サイドのポケットは乗りながらでも手が届くので カロリーメイトや砂糖などの補給を入れてました

ソフトクーラーボックス
大きな部分には青いクーラーバッグを入れて その中に飲み物を入れたり入れなかったり。
冷やしたいものは一緒に入れて ジュースを保冷剤代わりに使ってました。

あとはお守りとか。

装備 レインウェア

レインウェアとマリンシューズ
それから いい具合に丸めた雨具一式もここに入ってます。
ゴアテックスのレインウェア上下とマリンシューズ あとはカバンにかけるカバーですね
このマリンシューズの底が結構硬くて 漕いでて意外と楽でした。
自転車の靴は底が硬いほうがロスが少なくていいみたいですね。プロとかガチな人達はインソールとかにカーボン素材の固いもの使ってるらしいですね。
軽くて硬くていいんでしょうね。歩きにくそうだけど。

と まぁ 右フロントのサイドバッグの中身はこんなもんです。
レインウェアとクーラーボックスでほぼ一杯です。
2013-06-30(Sun)
 

日本一周の装備2 身の回り編

お久しぶりです Ryuです。
装備編その2ということで 前後左右に4つあるサイドバッグの左前に入れてたものを紹介します。
大きめの外側のポケットと小さいサイドポケット2つがあります。

中身はこんな感じ。
装備 フロント左バッグ

左上から
アイウェア
夏の日差しから目を守るために必須。眩しくなくてよく見えるし、ホコリからも守ってくれます。
ガチのアイウエアと違って 2000円ぐらいの安物です。紫外線カットさえ付いてれば何でも良かった 笑

眼鏡
裸眼でも視力は0.8~1.2ぐらいはあるんですが、これがあると夜間の走行が格段に楽になります。
対向車のヘッドライトが滲まないって幸せ。アイウエアと同様にホコリガードにもなります。
走行中はアイウエアか眼鏡のどちらかをほぼ常に着けてました。

ツーリングマップル
旅といえばこれが地図の定番ですね。縮尺もちょうどよくて、コンビニや道の駅、温泉、宿なんかの情報がわかりやすく書いてあるので便利です。
地方ごとに6冊ぐらいにわかれてるので、各地方で買い換える必要が出てきます。北海道のように1回で完全に使い終わるものは実家に郵送でいいんですが、
今回のルートでは九州や中四国、東北など、別の地方に行ってまた戻ってくる場合は2冊以上持ち歩く必要がありました。結構重い。
高縮尺の全国版なんてものもあるらしいです。

新書
暇つぶしのために買って常に1冊携帯してました。夜寝れないときなんかにちょいちょい読んでた。旅しながら3冊ぐらい読んだかな?

自転車整備マニュアル
必要な知識がカラーでわかりやすく書いてある本 という目的でこれを買いました。
起こっている不具合から考えられる原因をチャートで教えてくれるページが有ったので即決で購入。
ただ、北陸か北海道のどこかで紛失してしまいました。拾った方がいれば滋賀まで送って下さい。

充電コード各種
携帯とウォークマンの充電コードです。これと充電器を組み合わせて充電します。
携帯のコードは巻取り式で トップチューブバッグから携帯ホルダーまでにょろーんと伸びてました。
電源からUSB電源に変換するのはUSBポートが2つあるもの選択。

充電池
大量の充電池を携行。ライトに入れてるものなど合わせて合計18本ほどあったはず。重い。
でも電池切れが怖かったので仕方なく大量に持ち歩く。重い。

充電器
これは充電池をコンセントに刺して充電する充電器。旧式の充電器と、途中で買い足した急速充電対応の新型。
合計8本の単3充電池を同時に充電できる態勢で大量に充電池を持ち歩き大量に充電して電池切れを防ぐ!

延長コード
道の駅やネカフェで充電する際に大活躍でした。
ネットカフェでは開いてるコンセントが一つしかなかったりして その場合2つある充電器が1つしか使えずに効率悪い。
2つとも充電して寝て朝起きたら完了 ってのが理想だったのでタップの意味も兼ねて購入。

外側のポケットには地図と眼鏡orアイウエアが入っており、それ以外の電源類は内側の大きな部分に入れてました。
内側のほうが多少なりとも雨に濡れにくいしね。

2013-04-10(Wed)
 

日本一周の装備1 身の回り編

お久しぶりです。
すでに誰も見ていない可能性もありますが、更新します。
Ryuです。

日本一周をしたい!という人が居たので、
少しでもその参考になればということで、
日本一周の装備をまとめようと思います。


左から
ポシェット ちょっとコンビニにはいるとき、財布とかを持って行く

財布 言わずもがな財布。中身は多めに持ち歩く。自販機では高額紙幣が使えないので注意。

ライト2つ HL-EL530 単三電池4つなので重くなるけどめっちゃ明るい。もう一つは普通のペンライトを取り付け。

ヘルメット OGKのREGAS フェニックスブラック M/Lサイズ。毎日かぶるものなので軽いものを選択。ドロップハンドルは首は上を向く姿勢になるのでなおさら軽さは重要。空気抵抗減にも効果あるらしい。髪の毛がバサバサならないからかな?

携帯電話用の充電機
Panasonicの単三電池2つをUSB出力の5Vに昇圧する充電器を採用。5000円。充電池はライトに入っているものも含め18個ほど携行。
当時は安いのだと充電池の電圧(1.2V)では充電に足りなくてすぐ電池が切れる(=必要電圧に足らなくなる)ようなものも多かったです。そのせいで電池残りまくってるのに電池切れになるとかもありました。予行演習その1の奈良編に持って行って気づきました。今ではコンビニに売ってるようなのでもちゃんと充電池対応してたりする。
ちなみに簡単にスイッチに当たってONになってしまうので、電池のケースを加工して貼り付けてワンタッチ式の絶縁加工を施しました。

ウォークマンとイヤホン
寝る前とか、心細い夜道を走るときとかに聴いてました。走るときは本当は聴いちゃダメなんですけどね。イヤホンは外の音が聞こえやすいタイプを使用。ともにSony。
2012-08-19(Sun)
 

更新履歴

既存の記事に書きたしていく形の更新になるので
この記事に 変更や書き足しなどの更新履歴を書きこんでいきます。

なんやかんやあって、楽しみに待っててくださった方々をお待たせしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

最終日まで全て書き終わりました。


日本一周の初日から読む
2011-12-17(Sat)
 
プロフィール

Ryu

Author:Ryu
2011年夏 自転車日本一周達成!
60日 約7000km
現在は日本一周チャレンジャーへのアドバイスを更新中
旅の初日から読む

Twitter:Ryu F
Ryu_BUMPをフォロー
monacoin:MJAnqtWSkqswWDnvWPF6xxuzVvqLoh6JAa
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

ブログランキング
投票お願いします!
おすすめ商品
ネットで買うならあさひ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる