日本一周オススメ装備2

1はこちらを参照
1のほうが金かける優先度が高いのでまずは1を読んでください。

レインウェア
雨の日も風の日も走る気なら必須。
クソ暑い真夏に100均の雨合羽では、暑すぎて脱水になりかねません。サウナスーツのボクサーかと。
オススメは通気性の良いゴアテックス製。1万円程度で雨の日の快適度が格段に変わる。

フードの上からヘルメットをかぶると頭も濡れなくていいけど、音が聞こえにくくなるので注意。
ちなみに、暗いときは赤より青系統のほうが視認性がいいですよ。大学で習った。


ライト
旅は予定通りにいかぬもの。夜の山道を走ることも想定するべき。
実際、何度も深夜の山道を走りました・・・ しかも雨だったりする・・・
できればブルベ級の明るい遠くを照らすライトが1灯と、足元照らす用の小さめのライトが1灯ほしい。

最近はUSB充電のやつとかもあるんですねぇ・・・ 自分の頃と電池の種類が違いますからね。(リチウムイオン→ニッケル水素)
電池はサイズを統一したほうが良いと思うので、使うなら単3になりますかね。


タイヤ
抵抗は増えますが、太めをオススメします。細いタイヤでは荷物の重量をカバーしきれず、スポークがポキポキ折れます。
ちょいちょい一緒に旅したロード乗りのスポークが折れまくるのを見てました。
個人的なオススメは耐パンク性能が圧倒的なツーキニスト。

パンクで失う時間は結構なものですし、しかも路上でパンク修理やチューブ交換をすることに
夜の山道でパンクなどしようもんなら手元が見えない。チューブ噛んでても見てわからない。
新しく自転車買ったならとりあえず付いてるタイヤで走ってみて、太さや耐パンク性能を考えることをおすすめします。

あと、雨の中走ることを考えると、溝のないタイヤは論外です。滑って死にます。
その場合は最初から交換しちゃいましょう。いのちだいじに。
2017-04-28(Fri)
 

日本一周オススメ装備

筆が乗ってきたので2記事目を書いちゃうRyuです。
実際に使ってみて良かったものを紹介していきたいと思います。
金をかけるべき順で紹介します。


まずテントはプロモンテの軽量タイプで二人用 これが最適解ですね

今は販売終了しちゃってるので、同程度の値段と重量のダンロップとかもアリかも

テントは荷物の重量に大きく影響するので、ただのアウトドア用の重いテントはおすすめしません。
あとは予算と相談で。でも積めるサイズには限界があるので注意。


寝袋
夏なら寝袋はいらないかもしれません。それより柔らかくて軽いマットがほしいです。
空気で膨らむタイプは軽量と柔らかさとサイズを兼ね備えていると思います。
北海道でおじさまが使ってるの見てすごく羨ましかった。。。
金のない大学生は銀マットを根性で使いましょう。銀マットは留めるゴム無いとまとまらないので注意。
長距離ツーリングでは体力の回復が命綱。疲れが取れないと毎日100kmは走れません。



自転車
予算が潤沢な人は好きなスポルティーフでも買って荷物積めさえすればなんでも良いです。
STIレバーがやっぱり長距離は楽でオススメ。信号ある街中も走るなら、シフトダウンしながらブレーキかけられる利便性はでかい。
サイドバッグとキャリアも好きなのつければいいと思います。


お金のない大学生はGIANTのGreatJourney買いましょうねー

ルイガノ LGS-GMT もあり


サイドバッグも4つ付いててこの値段なのでコスパ最強。 
サイドバッグ参考価格

これで1個なんで、前後左右4つ必要になります。。。
サイドバッグの防水は必須。
2017-04-28(Fri)
 

日本一周の装備4 あまり使わないもの編

3年ぶりぐらいの更新です。Ryuです。
IDとパスワードわからんくなって・・・

今日はサイドバッグ右後ろ、1日1回使うもの編でいきます。
早速内容はこんな感じ

Image_1f4aca6.jpg

左から
寝袋 妹から借りました
テント 2人用で中に荷物入れてもちょっと余裕あるサイズ 1.5kgぐらい
テントシート 中に敷くやつ 背中の痛みは無いよりマシ
ペグ 結局ほぼ使わなかった アスファルトやコンクリばかりで、地面にテント張ることがあまりなかった
サイドバッグ肩掛けにするやーつ
左下のは空気でふくらませる枕 結局ほとんど使ってない 夏は暑いわコレ

右上のあたりは自転車パーツ類
ブレーキ、シフトワイヤー 結局一度も交換せず
ブレーキシュー 雨の中で山道を下ったりすると、重量もあってかすごく減るので3回ぐらい交換した
チューブ タイヤが優秀すぎて一度も交換せず ツーキニストすげえ

その下辺りが薬品類
歯磨きセット
日焼け止め コレないと焼け死ぬ 雨の日以外は毎日塗ってた それでも焼ける
眉毛剃るやつ 途中で諦めた 途中で送り返した気がする
耳栓 道の駅にテント泊するときやネカフェに泊まるときは必須 要は毎晩必須
カットバン 地方によって呼び名が違う不思議なバンドエイド 幸いお世話になることはなかった
虫刺されの薬 必須 無いと死ぬ
おすだけベープ でも刺す蚊はメスというお話 テント閉めてから一吹きすれば快眠できる ネカフェでは効果なし
飲み薬やら 葛根湯と頭痛薬は今でも常に持ち歩いている 頭痛薬は鎮痛剤として膝の痛みにも効いた 葛根湯は筋肉痛にもきくらしい
シャンプー 小分けの試供品を大量にもらった 重いので送り返して旅行用の小さいのを買い直した
ひげそり 半分ぐらいから剃ってなかった 完全に不審者
リセッシュ 靴やらレインウェアやらヘルメットやら何から何まで吹きかけまくった 週1本ペースで消費する


実はこの写真を撮った時点ではテントのポールが無いのでした・・・
後に友人に滋賀から山口まで送ってもらうことになる・・・
2017-04-28(Fri)
 

日本一周の装備3 補給編

どうもー
忘れた頃に更新します Ryuです

今回は右前のサイドバッグの中身を紹介します

装備 フロント右バッグ

補給食
サイドのポケットは乗りながらでも手が届くので カロリーメイトや砂糖などの補給を入れてました

ソフトクーラーボックス
大きな部分には青いクーラーバッグを入れて その中に飲み物を入れたり入れなかったり。
冷やしたいものは一緒に入れて ジュースを保冷剤代わりに使ってました。

あとはお守りとか。

装備 レインウェア

レインウェアとマリンシューズ
それから いい具合に丸めた雨具一式もここに入ってます。
ゴアテックスのレインウェア上下とマリンシューズ あとはカバンにかけるカバーですね
このマリンシューズの底が結構硬くて 漕いでて意外と楽でした。
自転車の靴は底が硬いほうがロスが少なくていいみたいですね。プロとかガチな人達はインソールとかにカーボン素材の固いもの使ってるらしいですね。
軽くて硬くていいんでしょうね。歩きにくそうだけど。

と まぁ 右フロントのサイドバッグの中身はこんなもんです。
レインウェアとクーラーボックスでほぼ一杯です。
2013-06-30(Sun)
 

日本一周の装備2 身の回り編

お久しぶりです Ryuです。
装備編その2ということで 前後左右に4つあるサイドバッグの左前に入れてたものを紹介します。
大きめの外側のポケットと小さいサイドポケット2つがあります。

中身はこんな感じ。
装備 フロント左バッグ

左上から
アイウェア
夏の日差しから目を守るために必須。眩しくなくてよく見えるし、ホコリからも守ってくれます。
ガチのアイウエアと違って 2000円ぐらいの安物です。紫外線カットさえ付いてれば何でも良かった 笑

眼鏡
裸眼でも視力は0.8~1.2ぐらいはあるんですが、これがあると夜間の走行が格段に楽になります。
対向車のヘッドライトが滲まないって幸せ。アイウエアと同様にホコリガードにもなります。
走行中はアイウエアか眼鏡のどちらかをほぼ常に着けてました。

ツーリングマップル
旅といえばこれが地図の定番ですね。縮尺もちょうどよくて、コンビニや道の駅、温泉、宿なんかの情報がわかりやすく書いてあるので便利です。
地方ごとに6冊ぐらいにわかれてるので、各地方で買い換える必要が出てきます。北海道のように1回で完全に使い終わるものは実家に郵送でいいんですが、
今回のルートでは九州や中四国、東北など、別の地方に行ってまた戻ってくる場合は2冊以上持ち歩く必要がありました。結構重い。
高縮尺の全国版なんてものもあるらしいです。

新書
暇つぶしのために買って常に1冊携帯してました。夜寝れないときなんかにちょいちょい読んでた。旅しながら3冊ぐらい読んだかな?

自転車整備マニュアル
必要な知識がカラーでわかりやすく書いてある本 という目的でこれを買いました。
起こっている不具合から考えられる原因をチャートで教えてくれるページが有ったので即決で購入。
ただ、北陸か北海道のどこかで紛失してしまいました。拾った方がいれば滋賀まで送って下さい。

充電コード各種
携帯とウォークマンの充電コードです。これと充電器を組み合わせて充電します。
携帯のコードは巻取り式で トップチューブバッグから携帯ホルダーまでにょろーんと伸びてました。
電源からUSB電源に変換するのはUSBポートが2つあるもの選択。

充電池
大量の充電池を携行。ライトに入れてるものなど合わせて合計18本ほどあったはず。重い。
でも電池切れが怖かったので仕方なく大量に持ち歩く。重い。

充電器
これは充電池をコンセントに刺して充電する充電器。旧式の充電器と、途中で買い足した急速充電対応の新型。
合計8本の単3充電池を同時に充電できる態勢で大量に充電池を持ち歩き大量に充電して電池切れを防ぐ!

延長コード
道の駅やネカフェで充電する際に大活躍でした。
ネットカフェでは開いてるコンセントが一つしかなかったりして その場合2つある充電器が1つしか使えずに効率悪い。
2つとも充電して寝て朝起きたら完了 ってのが理想だったのでタップの意味も兼ねて購入。

外側のポケットには地図と眼鏡orアイウエアが入っており、それ以外の電源類は内側の大きな部分に入れてました。
内側のほうが多少なりとも雨に濡れにくいしね。
2013-04-10(Wed)
 

日本一周の装備1 身の回り編

お久しぶりです。
すでに誰も見ていない可能性もありますが、更新します。
Ryuです。

日本一周をしたい!という人が居たので、
少しでもその参考になればということで、
日本一周の装備をまとめようと思います。


左から
ポシェット ちょっとコンビニにはいるとき、財布とかを持って行く

財布 言わずもがな財布。中身は多めに持ち歩く。自販機では高額紙幣が使えないので注意。

ライト2つ HL-EL530 単三電池4つなので重くなるけどめっちゃ明るい。もう一つは普通のペンライトを取り付け。

ヘルメット OGKのREGAS フェニックスブラック M/Lサイズ。毎日かぶるものなので軽いものを選択。ドロップハンドルは首は上を向く姿勢になるのでなおさら軽さは重要。空気抵抗減にも効果あるらしい。髪の毛がバサバサならないからかな?

携帯電話用の充電機
Panasonicの単三電池2つをUSB出力の5Vに昇圧する充電器を採用。5000円。充電池はライトに入っているものも含め18個ほど携行。
当時は安いのだと充電池の電圧(1.2V)では充電に足りなくてすぐ電池が切れる(=必要電圧に足らなくなる)ようなものも多かったです。そのせいで電池残りまくってるのに電池切れになるとかもありました。予行演習その1の奈良編に持って行って気づきました。今ではコンビニに売ってるようなのでもちゃんと充電池対応してたりする。
ちなみに簡単にスイッチに当たってONになってしまうので、電池のケースを加工して貼り付けてワンタッチ式の絶縁加工を施しました。

ウォークマンとイヤホン
寝る前とか、心細い夜道を走るときとかに聴いてました。走るときは本当は聴いちゃダメなんですけどね。イヤホンは外の音が聞こえやすいタイプを使用。ともにSony。
2012-08-19(Sun)
 

更新履歴

既存の記事に書きたしていく形の更新になるので
この記事に 変更や書き足しなどの更新履歴を書きこんでいきます。

なんやかんやあって、楽しみに待っててくださった方々をお待たせしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

最終日まで全て書き終わりました。


日本一周の初日から読む
2011-12-17(Sat)
 

最終日 弥富→草津

どうもー
Ryuです。

朝は6時起き。昨晩のおっちゃんに迷惑かけずに出れそうです。


すぐそこのコンビニで朝食。
その少しの間に雨が。マジすか。
仕方なしに雨装備。最終日に雨は嫌だー…

と思ったらやんだ。すぐやむのは、それはそれで腹立つ。


で。
鈴鹿峠を越えてみようと思う。
最終日だから余裕もあるし、
ゴールデンウィークに登ったときとの差を実感してみたい。
日本一周の最初と最後の日を鈴鹿峠で。
いざ、鈴鹿!


そのまま国道1号を進む。
余裕があるし、体力の温存も考えて午前中からスローペース。
午前は30kmほど。山の手前のコンビニで昼食。
巨大な駐車場があるサークルK。デカッ。

降り始めた雨をしのぎつつ昼食。
これだけ食べるから、結局大して痩せなかったな…


雨がやんでからゆっくり登って、道の駅関宿へ。
休憩スペースでちょっと仮眠。
食べたら眠くなるのは人間のサガですよね。
決して俺が単純な構造してるわけではありません。

どうでもいいけど、昔はこの関の東か西かで
関東と関西が分かれてたらしいですね。


道の駅を出て道の反対側へ行くと、昔ながらの街並みを残した通りが。

それを過ぎれば、いよいよ本番。
鈴鹿峠に差し掛かります。


いつ本番の激坂が始まるのか、怯えながら登っていく。
徐々にキツくなる勾配。
まだ始まってない と自分に言い聞かせる。

さすがに騙しきれなくなって、気合い入れて登る。
これまでの60日間で培った技術の集大成ですのことよ!

鈴鹿峠の最難関は、上りと下りの道が分かれてます。
坂じゃなくて方向の話ね。
俺は下りを登ってるわけですよ、念のため。


下り側の道を登っていくと、上りの道を下に見ることに。
マジかよ… これはしんどいじゃないすか…
精神に18のダメージ。
だけどそこは俺ですよ もうこのくらいじゃ平気。
この峠を登り切れば終わりだと思えば
ペダルも回るってもんですよ

斜度6%ぐらいの坂を、少しふらつきながら登る。
長さも高さも今までの坂の中で最大級。
ただし、今日は鈴鹿峠に向けて関宿とかで調整してきたし、
序盤よりは体力も付いてきてたので
そこまで死にそうにはならなかった。

トンネル。こういう場合、頂上の可能性が高い。
だが油断しない。頂上かと期待してまだ登りが続く場合は心が折れる。

トンネルの手前で工事のおっちゃん居たので、聞いてみた。
ここ頂上ですか~?
トンネルの轟音で答えは聞こえず。口の動きからして…わからん 笑

まぁいいや。トンネル越えればわかるっしょ。


トンネルの途中から下り始め。
キタよコレ キましたわよ
トンネル抜けたら頭上に看板。

滋賀県突入ぅぅぅううっ!
俺はぁぁぁあ
帰ってきたぁぁぁあああっ!
鈴鹿峠二度目の制覇っ!


そこからはゆるやかな下りが長く続きます。
長い下りはものすごく快適です。

イメージは鈴鹿越えたらもうすぐに帰る感じだったけど、
そこからなだらかな道が結構長い。
30kmぐらいダラダラ漕いで、草津へ。


国道1号線沿いにバイト先があるので
帰還のあいさつにGO。

いろいろ話して、記念撮影。

真ん中の髭が俺です。
スマホのカメラのタイマーの関係で、こんな感じの写真しか撮れませんでした。
お二人には旅立ちの前に、アドバイスとかパーツ頂いたりとか、
本当にお世話になりました。


さて、店を出れば残すところあと5km少々。
帰ったら彼女が待ってるはず。
出発前に部屋片づけといてよかった…本当によかった。マジで。

バイトで通い慣れた道を、普段と違う大荷物で帰る。
こうして走ってると、まだ今日の宿にたどり着くぐらいの気分。
あと30分ぐらいで日本一周が終わる実感がない。

普段なら歩道を通ってた場所も、迷わず車道通行。
日本一周をちょっと実感。
俺、変わったのかな。


そして、帰宅。
ここで撮ったはずの写真が保存できてない。ショック。orz


帰って、彼女に出迎えてもらって、また少し実感。
とりあえず風呂。汗くさいぞっ!


風呂でゆっくり振り返る。
長いようで短いようで…
2ヶ月か…ほぼ毎日自転車漕いでたな…

このへんの細かい振り返りはまた別に書きます。


これだけ走って、まだ割と元気。
彼女は、俺がボロボロで帰ってくると思ってたらしいけど
そんなに追い込んだら3日と持たずにリタイアだし。
ペース配分の大切さを学んだのかな。


当初は、応援してくれる人に近況報告するかな
ぐらいの気持ちで始めたこのブログですが、
予想以上にアクセスがあり驚きました。

これだけ皆さんが気にかけてくれているのに
途中から更新が減り、最後の日記が年をまたいだことを
本当に申し訳なく思っています。
ごめんなさい。


60日、約6000km。
日本一周を無事に達成できました。
自転車を実際に漕いだのは自分だけど、
いろいろな人のサポートがなければ達成はできなかった。

準備の段階から応援とアドバイスをくれた両親。
二人は日本一周の最中もいろいろなサポートをしてくれました。

自転車選びからいろいろなことを教えてくれた、あさひ栗東草津店の皆さん。

立ち寄ったときに泊めてもらったり、いろいろな面でサポートしてくれた親戚の皆さん。

自転車の調子が悪いときに立ち寄った
全国のあさひの店舗のスタッフの皆さん。

道中に声をかけてくれた皆さん。

応援してくれた皆さんのおかげで、達成できました。
体も心もそんなに強くない自分が、こんなに毎日走り続けられたのは、
応援してくれた人たちのおかげです。
心の底からそう思います。


応援ありがとうございました!


走行距離 100km
GOAL!!
2011-11-10(Thu)
 

59日目 湖西→弥富

どうもー
Ryuです。

朝は大型トラックのクラクションで6時前に起こされました。
車体の大きさに比例して音まで大きくする必要は無いと思うんですが。
もう1時間寝たかった…


滋賀のマンションまであと300km切ったんで
まったり行っても明日の夜に着きますね。
当初の予定通り!


まったり撤収、まったり出発。

すぐに自動車専用道。自転車は側道へー
車道はトンネルへー 側道は山へー…

やたら急な側道マジファック
朝一にこんな坂登らせんじゃねぇよ…


ちょっと進むとそこは名古屋県愛知県でした。


さらに進んで、コンビニで朝食。
水買って外で道調べたりしてたら
パートのおばちゃんがわざわざ出てきて
応援してくれて、しかもアクエリとかち割り氷おごってくれた。
ありがとうございます!
朝一の坂で下がってたテンションがめっちゃ上がった!

そこからひたすら進む。

愛知ってめっちゃ都会なイメージあったけど、この辺りはそうでもないね。


そのままひたすら進んで、夜には名古屋に。

んで、晩飯がてらマックへ。
ここまで来ればあとは今晩一気に帰ってしまってもいいんだけど…

ってか、明日のルートどうしよう…
普通に国道1号行けば、第2関門の鈴鹿峠。
回避するか、突っ込むか。

それより今日の寝床はどうしよう。
とりあえず進むか…
もう22時ですよ…

まったり進んでると、閉店したスーパー発見。
…屋根あるし、早めに出れば大丈夫じゃね?

そこにテント張って、隣のマックで晩飯確保。


テントで食べてると、おじさんの怒鳴り声で
お前何しとんじゃー!
と。めっちゃビビった。
すいません、管理の方ですかー
そうじゃあ!何しとんじゃ
と。これはヤバい。
自転車で日本一周してることと、今晩だけ
ってことを伝えると理解してくれて
怒鳴ってすまんかったな
って言ってくれた。


今日で最後の夜。のはず。
やっぱり実感わかないね
もう1ヶ月ぐらい毎日自転車漕ぐ気がする 笑


走行距離 100km
宿 ショッピングセンター駐車場
2011-09-25(Sun)
 

58日目 静岡→湖西

どうもー
Ryuです。

朝は6時に目覚めました。
9月も末になると朝は寒いですね。

テントの撤収中に犬の散歩中のおばちゃんが話しかけてくれた。

出発は7時前。

10kmほど先のコンビニで朝食。
駐車場でロード乗りのおっちゃんが話しかけてくれた。
おっちゃんによると、この先の国道1号は山越えがあるから南の国道150号がいいかも
ということだ。

迷ったけど、結構遠回りになるので結局国道1号を突っ切ることにした。


宇津の谷峠は思ったほどしんどくなかった。
ちょっと長かったけど。
やっぱ最初と違って体力ついてるね。


そういえば、静岡と言えば富士山だ
ってことで、どこかで写真を撮ろう。
今日曇ってるけど。


平坦な国道1号をひたすら進むー

これだけ走りやすければ今日中に静岡脱出か?



無理ー
暗くなったけど、浜松が限界です!
道は走りやすかったけど!距離ありすぎ!
静岡広すぎ!デケェ!

道の駅の近くに銭湯あるらしい!決定!


浜名湖を通り過ぎて、湖西市へ。
民家の間にひっそりあった銭湯へ。

体力の限界が近づくのを感じながら、根性で道の駅潮見坂へ。

めっちゃ広かった。
テント張って夜食のパン食べてすぐ寝た。

ここまで来れば、明後日には帰れるな。
なんか実感無いぞ。


走行距離  130km
宿 道の駅 潮見坂
2011-09-25(Sun)
 
プロフィール

Ryu

Author:Ryu
2011年夏 自転車日本一周達成!
60日 約7000km
現在は日本一周チャレンジャーへのアドバイスを更新中

Twitter:Ryu F
Ryu_BUMPをフォロー
monacoin:MJAnqtWSkqswWDnvWPF6xxuzVvqLoh6JAa
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

ブログランキング
おすすめ商品
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる